中日ドラゴンズ応援ブログ”ばせばじゅういち”-baseba11 blog-

中日ドラゴンズ応援ブログ。ばせば11!ドラゴンズの愚痴や感想を書いていきます。

【スポンサーリンク】

●鈴木博、バレンティンにツーラン被打で逆転負け。中日ドラゴンズ×ヤクルト 19回戦

鈴木博、バレンティンにツーラン被打で逆転負け。中日ドラゴンズ×ヤクルトスワローズ 19回戦 2018年8月12日 (中日9勝9敗1分)104試合目

 

本日も逆転負けで2連敗。

5連勝後は1勝7敗になってしまいました・・・

 

1-0のリードで迎えた、9回表、先頭の山田へショートへの内野安打のあと、

バレンティンへの初球、外角高めに構えてキャチャーは構えていたが、鈴木博の投げた球は、ど真ん中の高め、どうぞホームラン打って下さいの一球!

完璧に打たれてしまい。逆転されてしまいました。

 

鈴木博はルーキーながら、今シーズン50試合以上も登板しています、単純に登板しすぎ、今回抹消されましたが、来年にむけて、肩を休めるので、私的には、打たれてよかったと思ったりします。

 

ドラゴンズの首脳陣、もしここで鈴木博が完璧に抑えたら、今シーズンいったい何試合鈴木に投げさせる気なんでしょう?

浅尾みたく優勝のかかったシーズンであれば、連投も賛否はありますが、致し方ない部分は理解できますが、この順位で鈴木博を無理させる必要はないと思います。

 

谷元、田島、祖父江、又吉、鈴木とシーズン当初のリリーフ陣は、みんな抹消・・・

結局残っているのは、岩瀬だけと言う事実 。

 

先制は終盤の8回裏

ビシエドの強烈な当たりの二遊間のゴロでツーベースヒット、続くアルモンテの大きな当たりはフェンスギリギリの当たり。フェンス直撃の判定だが、センター青木がダイレクトでとっていると、ヤクルト側がリクエスト。

 

ランナーのビシエドは、審判が、セーフ(フェンスに当たっていると判断)のジェッシャーをしていたので、タッチアップ無しで、サードに行ってました。

 

ヤクルト側は、セカンドに送球して、ダブルプレイを主張!

このプレイ、ダイレクトキャッチの判定だったら、ランナーはどうなったのでしょうか?

審判が先にセーフのジャッチをしているから、タッチアップはしなかった訳で、アウトの判定なら、タッチアップはわからないが、最低でもランナーはセカンドに戻っていると思うんですよね~。

 

ランナーをセカンドに戻して、再開かダブルプレイで再開されたのか気になるところです。

 

そして福田。統計はとってないですが、福田がスタメンで出場すると勝ててないような・・・

今日も大事なところで、内野フライとエラー・・・

平田の犠牲フライのあと、ワンアウト2塁、なおもチャンスで、2球目を簡単に打ち上げる。

チームが大量得点や、大差の時は打つが、本当に大事な所では、内野フライかボール球を三振。

 

守備も9回、ホームラン、フォアボールのあと、エラーで、結果3失点目 を演出。

2軍に落としても、福田は楽な2軍では、多分打つでしょうし、1軍にくると、こんな感じ、これはもうメンタルの問題なのか?これでは首脳陣も困りますよね・・・

 

先発藤島は、粘りのピッチングで7回無失点。

打線の援護はありませんでしたが、今後、来シーズンに繋がる投球でしたね。

笠原の様に来シーズンはチャンスを掴んで欲しいです。

そして、笠原以上に活躍して下さい。

 

ヤク000000003 3

中日000000010 1

 

勝:近藤(3-3-1)

負:鈴木博(4-5-4)

S:石山(3-1-19)

 HR:バレンティン28

にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村